【洋楽歌詞和訳】“When I’m Sixty Four”僕がじーさんになっても/the Beatles

僕が64歳のじーさんになっても愛してくれるかい。あれしてくれるかいこれしてくれるかい。してよね。だってこの愛は永遠だもん……という歌
When I'm Sixty Four (Remastered 2009)

When I get older losing my hair
Many years from now
僕が歳とって、髪の毛も薄くなって
今から何年も何年も経過して

Will you still be sending me a valentine
Birthday greetings, bottle of wine?
その頃でもバレンタインチョコをくれたりするのかな
誕生日カードくれたり、ワインを贈ってくれたりするのかな

If I’d been out till quarter to three
Would you lock the door?
僕が夜遅くまで、そうさな深夜2時45分とかまで家に帰らなかったりすると
玄関のドアを閉めてくれちゃったりなんかするのかな

Will you still need me, will you still feed me
When I’m sixty four?
変わらず僕に頼ってくれるかな、変わらず僕に料理を 作ってくれるかな
僕が64歳になっても?

You’ll be older too
And if you say the word
I could stay with you
君もまた歳をとる
もし君が いいよと言ってくれるなら
喜んで 君のそばにいるよ

I could be handy , mending a fuse
When your lights have gone
僕はなかなか便利な男だよ
あなたの灯りが消えたときには
僕が電球を交換してあげる

You can knit a sweater by the fireside
Sunday mornings go for a ride
あなたは暖炉のそばでセーターでも編むといい
日曜にはドライブに出かけよう

Doing the garden, digging the weeds
Who could ask for more?
庭に精を出すもいい。雑草を抜いたりしてさ
それ以上に求めるものなんて何もない

Will you still need me, will you still feed me
When I’m sixty four?
変わらず僕に頼ってくれるかな、変わらず僕に料理を作ってくれるかな
僕が64歳になっても?

Every summer we can rent a cottage in the Isle of Wight
If it’s not too dear
夏は毎年、ワイト島にコテージを借りるんだ
あまりに出費がかさむようなら別だけどね

We shall scrimp and save
Grandchildren on your knee
Vera, Chuck and Dave
(夏ワイト島で遊べるように)せっせと倹約・節約に努めないとね
あなたの膝に孫たちがまつわり遊ぶ
孫娘の名はヴェーラ、男の子はチャック、そしてデイヴ

Send me a postcard, drop me a line
Stating point of view
旅先から葉書を送ってよ 一筆したためてよ
「私はこう思う!」みたいな意見もこめてさ

Indicate precisely what you mean to say
Yours sincerely, wasting away
言いたい内容がちゃんと伝わるように言葉は正確に選んでね
「いつもおそばに」
「想い焦がれております」 とかさ

Give me your answer, fill in a form
Mine forevermore
「お返事ください」
「アンケートにお答えください」なんつってね
永遠にあなたのものです、かしこ。なーんて書いちゃったりなんかしてさ

Will you still need me, will you still feed me
When I’m sixty four?
いつまでも頼ってくれるかい、いつまでも食べさせてくれるかい
僕が64になっても。

百万回生きる俺が、
百万回目の64歳を迎える頃、
まだ好きでいてくれるかい、
三毛子。

コメント

タイトルとURLをコピーしました