【洋楽歌詞和訳】“Hotel California”ホテルカリフォルニア/Eagles

夜中高速走り疲れてホテル入ったらそのホテルがチェックインはできてもチェックアウトができない魔性のホテルで、やばい、出れない……な歌
Eagles – Hotel California (Lyrics)

On a dark desert highway, cool wind in my hair
Warm smell of colitas, rising up through the air
夕闇の中、砂漠を突っ切る高速を走ってた。涼しい風に髪がなびく
コリタスのぬくい香りが大気中を昇ってくる

Up ahead in the distance, I saw a shimmering light
My head grew heavy and my sight grew dim
I had to stop for the night
はるか前方にゆらめく灯り
走り続けに走ってきたので、頭が重く、目が霞んできていた
一夜の宿りを求めて、俺は車を停めた

There she stood in the doorway
I heard the mission bell
And I was thinking to myself
“This could be Heaven or this could be Hell”
玄関口に女が立っていた
そのときかすかに聞こえた気がした、礼拝堂の鐘が
俺は内心、こう思っていた
「ここは地獄か天国か、いずれにしろこの世ならぬ場所だ」

Then she lit up a candle and she showed me the way
There were voices down the corridor
I thought I heard them say
女はキャンドルに灯を灯し「どうぞこちらへ」とのたまう
廊下を進むほどに聞こえてくる複数の声
声たちはこう言っているように俺には聞こえたんだ

Welcome to the Hotel California
Such a lovely place
Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California
Any time of year
You can find it here
ようこそホテル・カリフォルニアへ
場所も良ければ
人も良い良い
当館は多数の客室をご用意してございますので
一年のうち どの季節にきても
お部屋は空いてますよ

Her mind is Tiffany-twisted, she got the Mercedes bends
She got a lot of pretty, pretty boys that she calls friends
女はティファニーかぶれで、車はメルセデスベンツ
顔のいい男子を何人もそばに置いていて、彼らは彼女に言わせると「お友達」だそうだ

How they dance in the courtyard, sweet summer sweat
Some dance to remember, some dance to forget
中庭でかれらが躍るすがたといったらない。甘ったるい、夏の、じんわり汗ばむダンス
思い出すためにも踊り、また忘れるためにも舞う

So I called up the Captain
“Please bring me my wine.”
He said, “We haven’t had that spirit here since nineteen sixty nine.”
そこで私はボーイ長を呼び
ワインをくれ、と頼んだ、すると
彼は言うのだ、「1969年を境に酒精は置いておりませんもので」

And still those voices are calling from far away
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say
例の声は今も遠くから呼びかけている
真夜中に目を覚ますと、聞こえるんだ
やつらがこんなふうに言うのが

Welcome to the Hotel California
Such a lovely place
Such a lovely face
They livin’ it up at the Hotel California
What a nice surprise
Bring your alibis
ホテル・カリフォルニアへようこそ!
場所もよければ
人もよい
皆さま当館で人生を謳歌していらっしゃいます
これはうれしいサプライズ
出張だとでも称して、遊びにおいでなさいな……

Mirrors on the ceiling
The pink champagne on ice
And she said
“We are all just prisoners here, of our own device
天井は鏡ばり
氷をうかべたピンクのシャンパン
女は言う
「わたしたちはこのホテルの囚人なんです。自分から進んでそうなったんですけどね」

And in the master’s chambers
They gathered for the feast
They stab it with their steely knives
But they just can’t kill the beast
支配人室へと人が集まった
これからウタゲを開くのだという
鋼鉄のナイフを八方から突き立てたが
それでも その野獣を仕留めることはできなかった!

Last thing I remember
I was running for the door
I had to find the passage back to the place I was before
最後の記憶は次のようなものだ
俺は出口をもとめて走っていた
どこをどう行けば、もといた場所に帰れるのか。それを見つけなければならないと

“Relax,” said the night man
“We are programmed to receive
You can check-out any time you like
But you can never leave!”
「落ち着きな」と宿直の男
「来る者拒まず、が当館の方針だ
チェックアウトはいつでもできるが
ここを出ていくことは絶対にできない!」

ふさ毛@えらそう
ふさ毛@えらそう

入れるけど出れない魔性のホテル
ホテル・カリフォルニアとは何なのか?

とらねこ@がりべん
とらねこ@がりべん

解釈1:ホテル・カリフォルニアとはハリウッドのことである。つまり音楽における商業主義。「1969年のウッドストック以来、音楽は魂(spirit)を失ってしまった」
解釈2:ホテル・カリフォルニアとは麻薬のことである。つまり快楽主義、退廃。「手を染めるのは簡単、しかし足を洗うことは出来ない」

ふさ毛@えらそう
ふさ毛@えらそう

まーでも正直、ハリウッドとかドラッグとか現代日本人としては縁遠いんで、好きに解釈すればいいと思う。ミステリアスな雰囲気を楽しみつつ

コメント

タイトルとURLをコピーしました