【洋楽歌詞和訳】“Eleanor Rigby”エリナー・リグビー/the Beatles

孤独な人が孤独に生きて孤独に死んでいく。この歌の主人公、エリナーという女もそんな一人……という歌
The Beatles – Eleanor Rigby (From "Yellow Submarine")

Ah, look at all the lonely people
あの孤独な人々の群れに目を向けよ

Eleanor Rigby picks up the rice in the church where a wedding has been
Lives in a dream
Waits at the window, wearing the face that she keeps in a jar by the door
Who is it for?
エリナー・リグビーという女があった。
彼女は結婚式が行われたあとの教会で、新郎新婦を祝福すべく式中撒かれた米粒を、一人寂しく拾っている
どんな妄想を繰り広げながら米粒拾いをしているやら(彼女は妄想の中に生きている)
彼女は窓辺で待機中。ドア脇の水瓶の中で顔に化粧を施しながら
誰の前で美しくありたいからとて、化粧などするのか?

All the lonely people
Where do they all come from?
All the lonely people
Where do they all belong?
孤独な人々の群れ
そのよって来たるところはどこか
孤独な人々の群れ
その属するところはどこか

Father McKenzie writing the words of a sermon that no one will hear
No one comes near
Look at him working, darning his socks in the night when there’s nobody there
What does he care?
間健二(はざま・けんじ)という神父さんがいた。
彼は教会の演壇で読み上げるための説教を作文しているのだが、それを聴く人などいないのだ
誰も彼の元にはやってこない
見よ、彼の働きぶりを。彼は全くの独居者だというのにけなげに靴下の穴を繕っている
彼が繕いものなどして、何の得があるというのだ?

All the lonely people
Where do they all come from?
All the lonely people
Where do they all belong?
孤独な人々の群れ
そのよって来たるところはどこか
孤独な人々の群れ
その属するところはどこか

Ah, look at all the lonely people
あの孤独な人々の群れに目を向けよ

Eleanor Rigby died in the church and was buried along with her name
Nobody came
Father McKenzie wiping the dirt from his hands as he walks from the grave
No one was saved
エリナー・リグビーは死んだ。教会のただ中で。彼女は埋葬され、エリナー・リグビーここに死す、と書かれた標識が立ったが
誰も弔いには来なかった
神父・間健二、手について泥をぬぐいとる。彼は墓場から立ち去るところ。
誰一人として救われなかったのである

社会派?貧困者、孤独者の不幸を歌った

ファザー・マッケンジー(マッケンジー神父)が“間健二”に聞こえるのは有名な話

コメント

タイトルとURLをコピーしました