【洋楽歌詞和訳】“Desperado”放蕩息子よ/Eagles

荒くれた生活を送ってる放蕩息子に対し、まともに生きなよ、そんなことだと今に身を滅ぼすよ……と、さとす歌
이글스 (Eagles) – Desperado

Desperado, why don’t you come to your senses?
You been out ridin’ fences for so long now
Oh, you’re a hard one
I know that you got your reasons
These things that are pleasin’ you
Can hurt you somehow
放蕩息子よ、そろそろ真面目に生きたらどうだ
塀の上を歩くような生活をお前はあまりに長く続けすぎた
お前は頑固者だが
それでもお前なりに理性というものを持ち合わせているはずだ
お前を喜ばせてるあれらのものは
お前を傷つけるものにもなりかねないのだよ

Don’t you draw the queen of diamonds, boy
She’ll beat you if she’s able
You know the queen of hearts is always your best bet
ダイヤのクイーンなんか手放してしまってはどうだい
そんなの持ってたってろくなことにはならない
お前の最強の切り札は、いつだってハートのクイーンだったんだ

Now it seems to me, some fine things
Have been laid upon your table
But you only want the ones that you can’t get
いまのお前の持ち札は、なかなか悪くないと私には思えるのだが
お前ときたら、いつだって、自分には手に入らないものばかりを望むのだ

Desperado, oh, you ain’t gettin’ no younger
Your pain and your hunger, they’re drivin’ you home
And freedom, oh freedom well, that’s just some people talkin’
Your prison is walking through this world all alone
放蕩息子よ、お前だって歳をとる
苦痛と飢餓に耐えかねて、いつかお前は私たちのもとへと帰ってくるだろう
自由?
自由なんてものは、空っぽの言葉に過ぎない
事実は、お前という名の監獄が、この世界を独りきりで歩いている…それだけさ

Don’t your feet get cold in the winter time?
The sky won’t snow and the sun won’t shine
It’s hard to tell the night time from the day
You’re losin’ all your highs and lows
Ain’t it funny how the feeling goes away?
冬場は脚元が冷えて仕方ない、そうじゃないかい?
空は雪も降らせず、陽は照りもせず
夜と昼の区別さえ曖昧だ
何が高くて何が低いか、お前はもうまるでわからなくなり
はは、感覚って、こうやって無くなっていくんだなと、お前は一人笑う…

Desperado, why don’t you come to your senses?
Come down from your fences, open the gate
It may be rainin’, but there’s a rainbow above you
You better let somebody love you, before it’s too late
放蕩息子よ
もう、真面目に生きてみたらどうだ
その塀から降りて、扉を開くんだ
雨が降っている? でも見なよ、お前のうえに虹がかかってる
お前は誰かに愛されるべきなんだ
誰かの愛を受け入れるべきなんだ
誰かの愛を…
手遅れになる前に

ふさ毛@えらそう
ふさ毛@えらそう
ロックンロールはうるさくて閉口という人にも
受け入れられるだろう美しい名曲

コメント

タイトルとURLをコピーしました