【洋楽歌詞和訳】“Condolence”弔詞/Benjamin Clementine

自己超克の歌。もう怖くない。もう不安はない。恐怖と不安は「お亡くなりになった」から。ご愁傷様、私は行く。……という歌
Benjamin Clementine – Condolence (Official Video)

I swear, that you’ve seen me
Yes, you’ve seen me here before, before
And so don’t tell it, don’t tell it otherwise
あなた方は私を見たことがある
確かにあなた方は、かつて私を見たことがある
だから否と言うな 私を見たことがあることを否定するな

This voice, this particular voice
Yes, you’ve heard it before, before
And so don’t you dare tell it
Don’t you dare tell it otherwise
この声。この特徴的な声。
確かにあなた方はこれを聞いたことがある
だから否みなどするな
これを聞いたことがないなどと、偽るな

No wonder, why the road seems so long
Cause I had done it all before
And I won
この道が遥かに続いているように見えるのも、不思議なことではない
既に私は、この全てを踏破済みだ
私は勝ったのだ

You felt this feeling, tell me don’t be ashamed
You felt it before, before
And so don’t tell me
Don’t tell me otherwise
この感覚を、あなた方は感じたことがある。恥じることはない、認めなさい
あなた方はこれを感じたことがある
だから否と言うな
感じたことがないなどと、偽証するな

I almost forgot, foolish me, I almost forgot, forgot
That where I am from we see the rain
Before the rain even starts to rain
私は忘れるところであった……愚かな私。私はほとんど忘れかかっていた
何をかというと……私がもと来た場所。そこで我々は、雨を見た
雨の前には「雨が降り始める」という事象さえあった

No wonder why you’ve been buggering me
This walk, it’s a previous journey
And I won
あなた方が私をかまほりし続けることも、驚くには当たらない
この道はいつか来た道
そこで私は勝ったのだ

Before I was born there was a storm
Before that storm there was fire
Burning everywhere, everywhere
And everything became nothing again
私の生まれる前、そこには嵐があった
嵐の前には火があった
火はそこら中で燃えていた
そうして万物が、無へと帰した

And then out of nothing
Out of absolutely nothing, I, Benjamin, I was born
So that when I become someone one day
I will always remember that I came from nothing
それからだ、その無から
無、絶対の無の中から 私・ベンジャミンが生まれた
だから、もし私がいつか何者かになったとしても
私は決して忘れない、私が無より来たったことを

No wonder, why you’ve been buggering me
Cause this walk, it’s a previous journey
And no wonder why the road seems so long
Cause I had done it all before
And I won
あなた方が私をかまほりし続けたことも驚くには当たらない
この歩行、これは既往の道行きである
また、この道がこれほど遠く延びて見えることも驚くには当たらない
これらすべてを、私はすでにし遂げたことがある
そして私は、勝ったのだ

So I’m sending my condolence
I’m sending my condolence to fear
I’m sending my condolence
I’m sending my condolence to insecurities
だから私は、私の弔詞を書き送る
ご愁傷さまだ、わが恐怖心よ
私は弔詞を書き送る
ご愁傷さまだ、私の不安よ

You should know by now
You should know by now
That I just don’t care
For what you might say
Might bring someone downhill
あなた方もいい加減わかっているのだろう
私は全く意に介さないのだ、
あなた方が何か言って
それで誰かが凹むかもしれないことなど

I’m sending my condolence
I’m sending my condolence to fear
I’m sending my condolence
I’m sending my condolence to insecurities
だから私は、私の弔詞を書き送る
ご愁傷さまだ、わが恐怖心よ
私は弔詞を書き送る
ご愁傷さまだ、私の不安よ

Condolenceとは、弔詞、つまりお悔やみの言葉
死に関する超ネガティブワードだが、
自分の中のネガティブな感情の死、に対する弔詞なので
マイナス×マイナス=超ポジティブ

その弔詞という言葉が初出するところで長く続いた単調な短調から長調へと転調して景色がワーっと開ける感じ、超好き

あと、「絶対無から私ことベンジャミンが生まれました。」という名乗りのとこ、好き

NPRタイニーデスクの名演あるよ見る?

Benjamin Clementine: Tiny Desk Concert

コメント

タイトルとURLをコピーしました